弁天屋

弁天屋です

初めまして。弁天屋と申します。

 

 

弁天屋と申します。まず、お店と、私自身のこと書かせて頂きたいと思います。

 

弁天屋は志摩の新鮮な天然魚を扱うお店です。

 

令和4年5月に鮮魚店の弁天屋を始めました。場所は三重県志摩市という漁業の町にあります。

2016年に、G7首脳会議伊勢志摩サミットが開催された地です。

 

伊勢神宮で有名な伊勢市のお隣にあって、伊勢志摩と伊勢市の一部地域のように思われている方もたくさんおられるかと思います。サーフィンで有名な市後の浜や国府の浜もあります。そちらもサーファーの間では”いせ”と呼ばれるほど、伊勢と一緒にされることが多い市です。

 

実は、志摩市は、伊勢海老漁、海女漁、かつお、鰹節、ぶり、ふぐなど、全国的にも漁獲高が高いものが沢山あります。

定置網漁や、一本釣り、はえ縄漁もまだまだ盛んで、知られていませんが、ぶりの水揚げはなんと全国1位です。

もちろん伊勢海老の漁獲高も多く、伊勢では獲れないので、正式には志摩海老と呼んでもいいはずです。

 

さて、そんな志摩市の、主要な港の1つ”波切漁港”から車で30秒くらいのところに住んでいて、その立地を生かして、鮮魚店を始めることにしました。

 

毎朝早朝に各港に漁師さんたちが釣ってきたお魚が水揚げされてきます。そこで、毎朝、競りが開催されます。もちろん、漁師さんたちが釣ってきた天然のお魚だけが並ぶ競りです。

 

その朝どれの新鮮な魚を競り落として、販売しています。

 

 

 

弁天屋ってどんな店

 

 

朝どれの志摩産、天然魚をそのまま鮮魚パックで県外の方々に発送しています。鮮度はもちろん、普通では流通しないような魚に出会えるのも魅力です。

 

店舗では、お刺身や、お惣菜にして、販売したり、海鮮丼などの定食もやっています。

市後の浜というサーフィンスポットに立地していますカブクリゾートというグランピング施設内にある店舗です。

 

地元の天然魚のみの海鮮丼は、本当に美味しくて、志摩の美味しい魚の魅力が詰まっています。

とはいえ、まだ、始めたばかりで、準備が追いつかず、今のところは、10食限定販売でやらせていただいています。

 

普段の日は海女として潜っているので、金土日のみの営業です。

 

 

海女やってます。

 

志摩市に9年前に京都から移住してきまして、7年前から地元の方と一緒に、海女として、志摩の海で潜らせてもらっています。

 

海の無い京都育ちの私には、とても刺激的な毎日で、海の中はもちろん楽しいことばかりではないですが、綺麗な魚や、イワシや、ボラの群れ、タコとの戦い、ウミガメを発見したり、渡りカニが水面を泳いでいたり、水の中に太陽の光が差し込んでキラキラしたり、心が躍ることが、沢山あります。

 

海老網漁の手伝いで、延縄の網をかけにいき、早朝3時から、その網を上げて、伊勢海老をとる仕事もしていたことがあります。しんどいばかりで、楽しい仕事ではないですが、真っ暗な中で船のライトに寄ってくるイワシを求めて、沢山のかもめが船に並走しているのはとても可愛くて、大好きでした。

 

網には伊勢海老以外にも沢山の魚がかかり、毎日その魚をもらって食べていました。京都では食べたことのない美味しい魚がいっぱいですし、知ってる魚も鮮度が違うと本当に美味しい。

 

来た頃は、魚を食べるたびに、毎回”やばー!ウマー!”とか言ってたような気がします。

 

釣りもしたり、地元の人が食べないような魚も、志摩の美味しい魚を沢山食べてきました。

 

昨年からは、近くの魚屋さんで、お手伝いをするようになり、魚づくしの毎日を送っています。

 

今でも、美味しくてびっくりすることが時々あります。

 

最近では、2週間くらい前に、すごく脂が乗ったカツオを食べたのですが、身がピンクで本マグロの中トロみたいで、とても感動しました。あんなのは今まで食べた事がないですね。

 

2年ぐらい前から、沿岸の環境が変わってしまって、海藻が育ちにくい状況が続いています。海女漁でとるような”あわび””サザエ””トコブシ”などの貝類が、あまり獲れなくなってしまい、海女として水揚げするのが難しい状況が続いています。

 

なんな中で、自分の暮らしや、経験を生かし、自宅の一角をを改装した加工場で志摩の天然魚の鮮魚販売を始めました。

 

それから2ヶ月、7月から、ご縁をいただき、今の店舗も開店させていただくことになり、鮮魚、お惣菜、定食を販売させていただくことになりました。

 

沢山の方に美味しい志摩を体験してほしいです。

 

どうぞ、弁天屋よろしくお願いします。

 

 

 

伊勢志摩からお届けする鮮魚の通販 - 弁天屋

弁天屋

海女として6年以上海に潜り、漁業に携わっている経験に基づいた
確かな目利きでセレクトした朝採れ鮮魚や、
丁寧な処理で旨味が凝縮した水産加工品など地元でしか味わえない
海鮮の魅力を存分に楽しめる商品を販売しています。

屋号 弁天屋
代表者名 高田 知佳
住所 〒517-0603
三重県志摩市大王町波切3410-5
営業時間 不定休
営業日 不定休
E-mail fish@bentenya.net

コメントは受け付けていません。

特集

〒517-0603
三重県志摩市大王町3410-5

070-8599-0985

0599-77-5679

不定休